バイオ・メディカルライター&メディカル翻訳者 山名文乃のブログ

バイオ・メディカルライティングと製薬・治験翻訳

バイオ・メディカルライティングと製薬・治験翻訳

バイオ・メディカル・ラボのページにようこそ。当事務所ではバイオ関連企業や製薬企業のMedical Affairs、Regulatory Affairs等からの依頼に応じてコンテンツ作成を行っております。重点領域は、バイオ基礎、オンコロジー臨床、中枢神経系臨床です。東京都を拠点としておりますが、日本全国はもちろんのこと、英語でコミュニケーションがとれる企業さまであればグローバルに受託が可能です。Subject Matter Expertsとしての実績もございます。プロジェクト単位での相談も承ります。個人事務所ならではのフットワークを活かし、きめ細かな対応が可能です。専門のメディカルライターをお探しの方は、まずはお問合せください。特定領域の知識と経験が豊富な専門家が、貴事業部が抱える悩みを解決に導くお手伝いをいたします。

業務内容

対応業務

製薬企業内文書の作成、治験関連・申請書の執筆、講演禄の作成、学術論文の執筆、取材記事、翻訳、講師

対応言語

日本語、英語、英日翻訳、日英翻訳

重点領域

バイオ基礎、オンコロジー臨床、CNS臨床

対応実績

治験・薬事申請

治験実施計画書、同意説明文書ICF、症例報告書CRF、治験総括報告書CSR、治験薬概要書IB、原薬及び製剤の製造方法CMC、規格・試験方法並びに安定性試験等の申請資料CMC、再審査資料、標準業務手順書SOP、医薬品医療機器総合機構の対面助言、事前面談用資料、照会事項対応、CTD (2.3.P/2.3.S/3.2.P/2.5.3 2.5.4 2.5.5/2.7.3 2.7.4 2.7.6)

製薬・学術・研究機関

会議資料、販促資料、学会資料、PPT資料、講演禄、記録集、取材記事

雑誌論文(臨床試験)

投稿論文

セミナー講師

講師実績はこちら

その他

学術eラーニング教材、動画講座の字幕翻訳

適応症

双極症(双極性障害)、統合失調症、てんかん、不眠症、卵巣がん、乳がん、子宮体がん、子宮頚がん、関節リウマチ、慢性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、悪性リンパ腫、皮膚T細胞性リンパ腫、高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High) がん、非小細胞肺がん、食道扁平上皮がん、尿路上皮がん、慢性腎臓病、血栓塞栓症、トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー、本態性血小板増加症、低ホスファターゼ症、C型肝炎、緑内障、加齢黄斑変性、視神経脊髄炎関連疾患、乾癬

バイオ関連

がんゲノム医療、免疫療法、細胞・遺伝子治療

医療用デバイス

整形外科領域(義肢装具、電動義肢関連)、VR/MRシステム(Virtual Realiy/Mixed Realityの医用活用)

取引実績

内資CRO、外資CRO、バイオ関連企業、製薬企業、大学病院、研究機関

機密保持について

情報の取り扱いと機密保持

ご依頼を通して知りえた情報は、ご依頼にかかわる範囲内でのみ使用いたします。また、業務遂行中または業務終了後の如何にかかわらず、業務上知りえた機密事項を第三者に開示することはございません。初回契約時には秘密保持契約 (NDA) を締結いたします。契約書は当方にてご用意しておりますのでお申し付けください。

個人情報の取扱い

お問い合わせ時に記載いただいた個人情報は、ご依頼・ご相談への回答と依頼対応にのみ、使用いたします。対応完了後は責任をもって廃棄いたします。

ご挨拶

こんにちは。バイオ・メディカル・ラボ代表の山名文乃です。当事務所の主力事業はメディカルライティングならびに製薬翻訳です。具体的には、バイオ医薬の基礎領域および臨床領域、中枢神経系の臨床領域を対象とした文書作成、論文執筆、取材記事等の作成を承ることができます。

私は、元々は製薬・治験分野の翻訳者でしたが、ほどなく新薬の承認申請書を作成するメディカルライターという仕事を知るようになりました。縁に恵まれ始めてみると、翻訳同様に自身の専門が活かせる仕事だということがよく分かりました。次第に、治験関連や論文のみならず、製薬企業内で保管が必須となる記録文書や社内コンテンツ、医療従事者や学術会議向けの資料なども手掛けるようになりました。一つとして同じ仕事はありません。経験を重ねれば重ねるほど、更に上位レベルの、やりがいのある案件を経験することができ、年々学びが深まっていくのを感じています。そのようにして常に面白さと難しさに対峙しながら、独立開業して12年目のいまも、充足感をもって業務にあたっています。

日常では健康管理もかねてウォーキングを続けています。好きなものは、ストウブ鍋で作る無水カレー、フィギュアスケート観戦、ミニマムで気軽な旅。事務所に毎日、生花を飾ることも忘れません。

製薬関連の文書作成やコンテンツ作成でお困りの方、とくに専門性が高い業務を任せたいのに適任者がいなくてお困りの方、お問い合わせフォームからご相談ください。折り返し、代表の山名が連絡を差し上げます。電話やZoomでの事前相談を希望される方は、その旨書き添えてお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

2022年吉日

お取引の流れ

◆当事務所へのご依頼・ご相談は、下のフォームからお願いいたします。                 ★ 内容を確認し、折り返し連絡いたします。

◆プロジェクトの内容について詳しくお知らせください。必要に応じてzoomミーティングを設定いたします。助言相談の場合は有料となる場合がございます。有料となる場合、料金体系は事前にお知らせし、ご同意いただける場合にのみミーティングを設定いたします。

               ★納期、見積など契約内容を提示いたします。

               ★秘密保持契約についても提示いたします。

◆正式発注のご連絡、秘密保持契約の締結、着手金の入金をお願いいたします。

               ★確認後に作業開始とさせていただきます。

               ★合意の期日までに納品させていただきます。

◆納品内容の確認をお願いします。

               ★納品書と請求書を発行いたします。

◆期日までに指定口座への入金をお願いいたします。

ご依頼・ご相談

Q&A

当事務所でお役に立てること

Q. 次回プロジェクトには海外のメンバーも参加するため、やりとりは全て英語になります。随時、会議への参加もお願いしたいのですが...?

A. 問題ございません。ご依頼時に英語使用の旨をお知らせください。

Q. 元資料は英語ですが、最終的には日本語の書類が必要です。対応していただけますか。

A. 対応可能です。

Q. データ資料は日本語ですが、英文資料が必要です。対応していただけますか。

A. 対応可能です。

当事務所では対応できかねること

Q. 海外部門との会合があります。コミュニケーションサポートもお願いしたいのですが...?

A. 申し訳ございませんが、通訳などのコミュニケーションサポートには対応しておりません。プロジェクトメンバーとしての会合参加であれば対応可能です。ご希望であれば、通訳業務に対応している別の事務所をご紹介させていただきます(紹介手数料については別途ご案内いたします)。