がんばらずに頑張り抜くには

f:id:mw-yamana:20200629212015j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

新年ということで「今年は○○を頑張りたい」と目標を立てている方も多いと思います。その中には「翻訳者になりたい」と思って学習に励んでいる方も多いでしょう。

一方で、昨年の目標を一体どれくらいの人が達成できたのかも気になるところです。達成できた方は、自分を褒めてあげましょう。問題は、達成できなかった方。とくに「去年は○○だったから、まぁ仕方ない」と思っている方は要注意です。上手くいかないのには、残念ながら正当な理由があると思います。自分だけに特別なやむを得ない事情が生じたからではないと思います。努力が足りなかったからでもないと思います。

そこで今回は、どうしたら「やり遂げる」ことができるか、考えてみたいと思います。

気持ちに頼らない

まず大事なのは、頑張ろうと思わないことです。もっと言うと「気持ちに頼ってはいけない」と思います。

なかなか目標を達成できない人の言動を注意深く見聞きしていると、「頑張ります」「もっと頑張ります」と決意を語る人が多いことに気付かされます。ただ、残念なことに「頑張りたい」という、ふわっとした気持ちだけでは、長続きしないようです。本人としては頑張っているつもりでも、そのために必要な行動の量が圧倒的に足りていないことが、実際にはとても多いのです。事実「精一杯の努力をしています」という方に具体的にどれくらいの時間を学習に費やしているのか聞いてみると「家族の世話もあるので1週間に3~4時間ほど」ということがよくあります。

では、どうすればよいのでしょう。

答えは簡単で、自然に頑張りたいと思える環境、頑張らざるを得ない状況に身を置いて、意識せずとも頑張れてしまう自分に変わってしまえばよいのです。

方法は3つ

自分を変えるための方法は大きく3つあると思います。

1つは考え方です。プロの翻訳者になりたいのなら、第一線で活躍している一流の翻訳者がどのようにしてプロになったのかを調べます。フリーランス翻訳者として十二分に収益を上げたいのなら、大きく稼いでいる翻訳者や他の事業者の思想や行動を学び、取り入れるのです。私自身も、フリーランス翻訳者を志していた時代には、翻訳者として長く仕事を続けている方たちや、独立して成功している人たちの書籍やブログなどを読み漁っていました。また、できる限りセミナーなどに足を運び、直接お会いしたり、話をする機会を持つようにしました。時間があれば一流と呼ばれる場所に足を運び、そこで働く人々の仕事に対する姿勢を学ぼうと心掛けていました。

次には習慣です。何かを習得したいと思ったら習慣化してしまうのが一番です。例えば、私がローマ字入力に変わって「親指シフト」という入力方法を身に付けたときは、朝1通目のメールだけは「親指シフト」で入力する、という決まりを作り、毎日守っていました。正直、仕事が立て込んでくると、それどころではありません。投げ出したくもなりますし、無駄に思えるときもあります。でも、毎日続けました。また、学習期間中は、毎日必ず『The New England Journal of Medicine』などのPodcastを聴いてシャドーイングかディクテーションのどちらかを行う、と決めていました。これも1日も欠かさずコツコツと続けていました。

3つめは環境です。住む場所は、そう簡単には変えられない人のほうが多いでしょうが、可能であれば引っ越しをするのもありだと思います。交通の便が良い所を拠点としているだけで、覚えてもらいやすかったり、声がかかる機会が増えたりすることもあります。仕事を変えるのも良いでしょう。翻訳者を目指すのなら、いきなり翻訳職は無理だとしても、せめて関連業務に就く。英語力を上げたいのなら、少なくとも英語を日常的に使用する職場環境で多くの時間を過ごす。おそらく最も効果的なのは、少々荒っぽいやり方ですが、退路を断ってしまうことです(もちろん無理はしないでください)。新たにサロンやコミュニティに入るのも手軽で良いと思います。

最初に取り組むべきは

さて、この3つに優先順位をつけるとしたら、私なら、まずは考え方だと思います。

時々「環境が変われば考え方が変わり、考え方が変われば習慣が変わり、習慣が変われば...」のように環境を起点にした教えを目にしますが、私個人の感覚では「思考回路が先」です。

「頑張りたい」という気持ちは、美談にも聞こえますが、まるでアテにはなりません。それよりも、頑張らなくても最後まで頑張れるようにできる限りの工夫を凝らすほうが、ずっと建設的だと思います。

以上、月並みですが、参考になれば幸いです。

それではまた。