諸刃の剣

https://www.instagram.com/p/ByKT2O4gLmR/

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

翻訳の世界では初心者よりも経験者が歓迎されますが、教育の手間がかからずに済むから、というのが大きいでしょう。

では、新人さんにはチャンスがないのかというと、決してそんなことはありません。新人さんでも経験を積んだ方でも、翻訳者として長く活躍し続けるために必要なものは同じです。

もちろん、実戦経験を積まないと学べないこともあります。同時に、年月を重ねる良さもあれば、怖さや危うさもあります。

それは過信であったり、気の緩みであったり。急速に発展するテクノロジーへの適応力であったり、フットワークの重さであったり。柔軟性の低下であったり、思考の硬直化であったり。

ですからクライアントさんによっては、謙虚で伸びやかな新人さんを好むところもあります。自分と相性のよいお客さまは、すぐに出会えればラッキーですが、根気よく探す必要があると思います。

人は、得てして自分が聞きたいことしか聞かない傾向にあります。こればかりは年齢と関係ないようです。ストレスを溜めない生き方という点では、欠かせないスキルなのでしょうが、翻訳者としては、それではマズいのかな、と思います。「実るほどに頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。自戒の念を込めて書いています。

それではまた。