日本人でも英訳者になれますか

https://www.instagram.com/p/Bqpo6QFFBOQ/

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

英語ネイティブではない日本人が、日本語から英語への翻訳(日英翻訳、英訳)を仕事にすることはできるのでしょうか。

 

もちろん、できます。

 

きちんと積み上げていけば日本人であっても英訳者になることはできます。お客さまから「ネイティブチェックをかけなくても大丈夫」と言ってもらえることすらあります。尤もこれは、メディカルという専門性が求められる分野だからかもしれませんが...

 

ある程度、翻訳の勉強を続けてきた方であれば、それなりにでも英文は書けるようになります。ただし、プロフェッショナルとして英訳を生業とする方の訳文を比べると、圧倒的に足りないのが仕上がりの緻密さと原文理解の深さです。

 

緻密さに欠ける原因は、英語で守るべきルールを知らない、あるいは十分に確認していないからです。

 

原文理解が浅い原因は、字面だけを読んで直ぐに英単語に置き換えているからではないでじょうか。置き換えた英単語の順番を入れ替えるなどして、それらしく仕上げることを「翻訳作業」だと勘違いしているからではないでしょうか。初心者のクラスでは、文章の真意を理解しないまま言葉のパズルに興じている方をよく見かけます。

 

英語ネイティブではない日本人が英訳に取り組むのであれば、英語ネイティブにはできないことを掘り下げ、強みにしていく必要があります。

 

その一つが、日本人ならではの日本語原文の深い読み込みです。

 

英語から日本語への翻訳、つまり和訳は、最終的には日本語を書く仕事だと言われますが、英訳もまた、日本語を深く読む仕事という一面があるのだと思います。

 

それではまた。