これまでとこれからと

https://www.instagram.com/p/BhFx9YchKut/

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

このブログは検索流入が多く、7~8割が新規の方です。それほどまでに新たに医薬翻訳やメディカルライティングに関心を寄せる方が多いのかと驚いています。

 

とくに年始は何か新しいことを学びたいと思う方も多いのでしょう。

 

そこで参考になるか分かりませんが、たまには自分のことを書いてみたいと思います。

 

ひとくちにメディカル翻訳といってもさまざまです。ちょっとした医療系情報の翻訳から、本格的な治験翻訳や論文翻訳まで、範囲はあまりに広い。

 

その中でいま私が主に手掛けているのは、治験や薬事申請をはじめとする医薬翻訳と医学論文の翻訳、そして新薬の研究開発と販売に関わる文書や投稿論文のメディカルライティングです。ほとんどが製薬企業からの依頼です。

 

以前はCMCパートのメディカルライティングを受注していたこともありますが、最近はすっかり臨床メインになりました。

 

翻訳は、日英翻訳(英訳)にも英日翻訳(和訳)にも対応しています。

 

メディカルライティングでは、和文も英文も執筆しています。

 

私は独立後の1~2年で重点的に医学論文の翻訳を担当させてもらいました。実績はすべて書きとめていたのですが、いま振り返ってみると、ちょっと信じられないほど沢山の論文を英訳していました。ところが当時はSDL Tradosを所有していたため、医療機器を中心に、CATツールと呼ばれる翻訳支援ツールの使用を求められる案件もありました。多いときには収入の約3分の1をツール案件が占めるようになり、すこし危機感も感じていました。というのも、セミナーや勉強会で先輩方からツールの功罪をよく聞いていたからです。内心では、将来的にはツール案件の割合を減らして、ツールを必要としない翻訳だけを扱いたい、と思っていました。

 

もちろん、CATツールを否定したり非難したりするつもりはありません。当時の私の状況や先々のことを考えて、私自身はツールから離れたほうが良さそうだと思っただけの話です。

 

そしていまはツールゼロです。

 

段々と、CATを使わない、というより使いようがない案件が増え、インストールすらしなくなりました。とうとう2年前にはライセンスも切れましたが、更新せずとも済みそうです。ツールのメリットとして挙げられる用語統一やチェックには、ワードマクロや正規表現やAHK等を活用して十分に事足りています。

 

メディカル翻訳の範囲は本当に広いので、翻訳支援ツールや機械翻訳やポストエディットが必須となる業務もあるでしょうし、影響を受けにくい世界もあります。単に個々の現場での優先順位が違うだけなのだと思います。それぞれに需要があり、仕事があるのでしょう。

 

その中で、どの道に進み、どのように生きていきたいのか、決めるのは自分自身です。

 

フリーランスである以上、時代の変化にアンテナを張り、適応していくスキルも必要です。一方で、いま自分が何処にいて、未来には何処で何をしていたいのか、ビジョンを持って正しく努力と実績を重ねていくことも忘れてはならないのだと思います。

 

あくまで、私はこうだった、という一例にすぎませんが、ご参考まで。

 

それではまた。