辞めてもいいし、辞めなくてもいい。

f:id:mw-yamana:20180822155406j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

「会社を辞めて~」というキャッチフレーズが物議を醸していると聞き及びました。世の中そんなに甘くないという意見が大半です。たしかに、現実的な警鐘を鳴らす人も必要な存在だとは思いますが、翻訳という仕事は、そんなにお先真っ暗なのでしょうか。

 

少なくとも私は、自分の裁量で仕事ができる今の状態にとても満足しています。大変だ、と思うことがあっても、それはお客様の高い要求レベルに応えねばならない大変さであって、結局は自分を成長させてくれますし、頑張れば頑張った分の報酬もあり、やりがいも楽しさもあります。

 

それよりも、周囲のネガティブな反応に引きずられて、自分の可能性に自分で蓋をしてしまうほうが余程もったいないし、よくないことだと思うのです。

 

翻訳者を志しても、なれない人もいるでしょうし、期待していたほどの収入にならない場合もあるでしょう。一方で、上手く流れに乗ってステップアップしていく人もいるわけです。

 

大きな違いは、努力の量と方向性です。

 

努力はしているのに、方向性が違うばかりに結果がでない方もいます。

 

考え方はあっているのに、努力の量がまったく足りない方もいます。

 

努力の量が足りず方向性も間違っていたら、残念ですが、見込みはありません。

 

では、その「方向性」とは何でしょうか。

 

私なりに思うのは

  • 自分が有利になる場を選ぶ
  • 見せかけでなく本当の意味で上手くいっている人を見抜き「真似ぶ」
  • プラスの影響を与えてくれる仲間をもつ

です。

 

なかでも1番目は勘違いする方が多いので注意してほしいです。「ここが狙い目」「ここが安定している」などと美味しそうな匂いに釣られて回り道をする方が目立ちますが、たいていは幻です。自分が高く評価してもらえる場に身を置くほうが堅実だと思います。せめて、心から楽しめるジャンルを選ぶべきです。興味が有利に勝ることもあるので。

 

辞めてもいいし、辞めなくてもいい。専業でもいいし、兼業でもいい。フリーランス翻訳者は、もっと自由で楽しくていいと思うのです。

 

私は毎日楽しく満足して過ごしていますよ。

 

それではまた。