源泉徴収税額の計算方法

f:id:mw-yamana:20180703013637j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

何故この時期に?という感じもしますが、源泉徴収税額の計算方法を書いてみました。

源泉徴収は、受け取る報酬の金額に応じてパーセンテージが変わります。

  • 100万円以下の報酬にかかる源泉徴収=10.21%
  • 100万円超えの報酬にかかる源泉徴収=20.42%

 

A社からひと月に80万円の報酬を受け取る場合

源泉徴収税額(復興特別所得税を含む)

80万円   ×   10.21%   =   81,680 円

消費税

80万円   ×     8.00%   =   64,000 円

実際に振り込まれる金額

782,320 円 (報酬   +   消費税   -   源泉徴収額 )

 

A社からひと月に180万円の報酬を受け取る場合

源泉徴収税額(復興特別所得税を含む)

(180万円  -  100万円)  ×   20.42%   +   100万円   ×   10.21%   =   265,460 円

消費税

180万円   ×   8.00%   =   144,000 円

実際に振り込まれる合計金額

1,678,540 円(報酬   +   消費税   -   源泉徴収額 )

 

源泉徴収税額も消費税も「1円未満切り捨て」で計算します。振込手数料は発注者負担が基本です。

 

フリーランスなら、簿記3級程度の知識はあったほうがよいとか、ファイナンシャルプランナー2級くらいは勉強したほうがいいとか、そういうアドバイスもたまに耳にします。私は理系なのになぜか両方とも持っています(必修だったので)。資格があることでとくに役に立ったような記憶はないのですが、お金回りのことが苦手な方も少しは知識があったほうが、自衛の意味でもよいとは思います。時間が惜しい方は、経理や事務などは専門家に外注するのが一番ですね。

 

それではまた。