それは誰のため?

https://www.instagram.com/p/BjzEwPUFVpB/

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

自分のためにすることには、どこか限界があると言われています。

 

たしかに私自身が「素晴らしいな」と思い尊敬する方たちは、惜しみなく与えてくださる方ばかりでした。翻訳者になるまでの間も翻訳者となってからも、力になってくださった方にお礼をしたいと申し出ても、決して受け取ってはくださいませんでした。どなたも「そんなこと気にしなくていい」「自分がしてもらったことをしているだけ」と仰るのです。「お礼は、あなたが上手くいくこと」「葉書の1枚でもくれればいいよ」と言われたこともあります。

 

つまりは、恩返しではなく恩送りなのだ、と。

 

利他主義ともいいますね(あまり好きな言葉ではありませんが...)。

 

以前は、恩送りと言われても全くピンときませんでしたし、何をどうすればよいのか、思い付きもしませんでした。

 

ようやく最近になって少しわかるような気がしています。

 

自分のためよりも、ほかの人のためにと思うほうが、大きな原動力になる。だからこそ頑張れる。そうしているうちに何故かもっと大きな結果になって返ってくる。言うまでもなく、見返りを期待したニセモノの「あなたのため」では実りません。その辺りは、きちんと見られているのだなと思うと不思議です。

 

つまらない出来事に気が滅入りそうな日もありますが、応援してくださる方や、助けとなってくださる方のためにも、原点は忘れずにいたいと思います。

 

それではまた。