英訳か和訳か

f:id:mw-yamana:20171127191341j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

「英訳も出来たほうがよいのでしょうか?」

 

これもよく訊かれる質問のひとつです。

 

どうも学習者さんの多くは和訳のほうを好む傾向にあります。

 

英訳には苦手意識があって、やりたくないと思っている方も大勢いらっしゃいます。

 

全員ではありませんが「英訳も出来たほうがよいのでしょうか?」という質問の裏に「和訳だけで済むならそうしたいのだけど、それでも大丈夫でしょうか?」といった心理が見え隠れしていることもあります。

 

フリーランスを目指すか社内翻訳者を目指すかで少々異なりますが、私は「就職を希望するなら両方できたほうがチャンスが広がりますよ」とはお伝えしています。

 

知る限り、医薬分野の社内翻訳者で和訳だけでOKというポジションは極めて少なくなります。英訳も和訳も両方できる人や、ネイティブレベルの英訳ができるなど突出している人が重宝される傾向にあるようです。

 

一方フリーランスは、和訳だけ、英訳だけ、和訳も英訳も両方といった具合に、自分の好きなようにキャリアデザインできます。レートの高低や需要の多少には差がありますが、ずっと和訳だけをやってきたという翻訳者さんは大勢いらっしゃいます。

 

ただ、翻訳者志望の生徒さんを見ていて思うのは、気が向かない、興味が持てないのであれば、無理に勉強する必要はないということです。「○○のほうが需要がある」「○○のほうがお得」といった思惑は、興味でも何でもないので、長続きしません。自発的に学びたいと思わないと、どんなに時間とお金をかけても、大して身にはつかないのです。得意をのばしたほうが効果的な場合もあります。

 

結果を出すための要因があるとしたら、まず能動的に興味を持つこと、山あり谷ありの長い道のりを方向性を踏み外さずに歩み続けることではないでしょうか。

 

あくまで、ご参考まで。