学習期間について、すこし補足

f:id:mw-yamana:20170310001306j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

こちらも比較的アクセスが多い記事です。

www.mw-yamana.com

このなかで、翻訳者になるまでの学習期間の目安を「1~2年」とご紹介しました。

 

これ以上長く勉強してはダメなの?と心配している方もいるようなので、補足しておきます。

 

ご紹介した期間は、実務演習に入ってからの目安です。実際には3~5年ほどかけて翻訳者デビューした方もいらっしゃいます。ただ、あまりに助走が長いとモチベーションを保つのが大変で、途中で気持ちが切れてしまう方のほうが多いようです。ですから、長くても3年くらいをひと区切りに、メリハリをつけて学習することをおすすめしています。語学と同じく、翻訳もだらだら勉強してもあまり効果は上がりません。成功率を挙げるためにも、期限を決めて、その期間内は密度を高めて学ぶ必要があると思います。

 

もう一点、ひとつの通信教育や通学講座を修了したら、休まず、すぐ次のアクションに移るとよいと思います。集中的に学習した後であれば、熱量、実力ともにベストコンディションになっている筈だからです。

 

なかには「しばらくは復習でもして、時間ができたらまた学習を再開しよう」と考える方もおられます。

 

ところが間が空いてしまうと、モチベーションも、せっかく培った翻訳力も、かつての状態にまで戻すのがとても難しくなります。

 

「鉄は熱いうちに打て」なんです。ピークを逃さず、勢いのあるうちに一つでも二つでも階段を上ってしまうことです。

 

伸び率には個人差があり、もう少し学習を続けて基礎固めをしたほうがよい方もいます。ある程度の力がついた方であれば、何らかの形で仕事につなげることを考えて欲しいと思います。その時の自分にできることを仕事にして、仕事を通じて学び続け、ステップアップすることを考えて欲しいです。

 

晴れて翻訳者になってからも勉強は続きます。学び続けられる環境をつかみ取る、あるいは、作り上げていくことを優先して考えて欲しいのです。

 

勉強も大事ですし、翻訳の勉強は一生続くものですが、やはり実務に勝る学びはありません。実戦で通用する力は、実戦を通してしか培われないのですから。

 

それではまた。