文系でもメディカル翻訳者になれますか

f:id:mw-yamana:20170310173030j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

体験授業などで必ずと言っていいほど聞かれる質問です。

 

「文系でバックグラウンドがなくてもメディカル分野の翻訳者になれますか?」

 

私はこのようにお答えしています。

可能性はあります。

ただし医薬分野のクライアントさんは専門知識や専門分野での経験を重視する傾向にあります。語学で差がなければ、ですが。

ですから文系から医療系の翻訳者を目指す方は、理系出身のライバルに対抗できるだけの強みを確立するとよいでしょう。

実際に文系出身で第一線で活躍するメディカル翻訳者は大勢います。その方たちに共通しているのは、とにかく勉強熱心であること。基礎となる語学力の強化はもちろん、最新の医療知識を得るための努力も怠っていません。

理系出身で順調に活躍を続ける方もいますが、語学が弱いまま放置していると、勉強熱心な文系に追い抜かれていく傾向にあります。国家資格があるからと油断して、なかなかプロデビューできない方もおられます。

ですから、結局は本人次第だと思います。

 

実際に生徒さんを見ていても、バックグラウンドの有無とは関係なく、優秀な方は素晴らしい翻訳をします。

 

反対に、素養がない方、語学力に問題がある方は、努力の割に報われない傾向にあります。これも文理関係ありません。

 

出身学科の違いよりも、自分がいまどのステージにいるのか、正しく把握することのほうがずっと大切です。何が得意で、何が苦手なのか。苦手なもののうち、絶対に必要なものは何か。苦手は、どれくらいのレベルにまで引き上げる必要があるのか。得意はどのように伸ばし、発揮すれば良いか。

 

私は、人の可能性には蓋がないと思っています。どんな道であれ、潜在的な可能性だけなら誰にでもあるのだと思います。可能性を花開かせるか、可能性のまま眠らせておくかは、行動の量と方向性で決まるだけの話です。そして時間は有限です。あっという間に過ぎ去ってしまいます。

 

だからゼロからイチの壁を突破するために必要なのは、期限を決めて集中的に取り組むことと、挑戦と成長を楽しむ気持ち。先を照らしてくれるロールモデルやメンターがいれば尚良いでしょう。方向を間違えずに、望みどおりの結果がでるまで、これでもか、これでもかと、大量の試行錯誤を続けることです。

   

それではまた。

 

【初回掲載:2017年3月2日、加筆再掲:2019年1月22日】