在宅翻訳、それぞれの道のり

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 今回は、私がどうやって在宅のフリーランス翻訳者として実績を積み上げてきたかを話してみたいと思います。ただし、あくまで個人の体験談です。今と昔では違う部分も多々あると思うので、…

打てば響く人、響かない人

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 同じ状況でまったく同じ情報に触れても、すぐにピンときて行動に移せる人と、そのうちそのうちと時間ばかり過ぎてしまう人がいます。 違いはどこから生まれるのでしょうか。性格でしょう…

実質マイナスです

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 私はここ数年、本業の傍ら講師の仕事も続けているのですが、何故か「副収入があっていいですね」「私も別の収入源を考えたいのですが...」などと言われることがあります。 私は正直「心外…

秋学期のメディカル翻訳ゼミ→【満席】お申込ありがとうございました。

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 今春にスタートした医薬翻訳講座もあと1回、8月末に最終回を迎えますが、並行して秋学期のご相談も始まっています。 10月からは、新たな試みもあります。本講座では和訳と英訳を半々に扱…

頑張っているのに結果が出ないとき

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 今回は辛口記事です(...すみません)。 「どういう人が翻訳者になれますか(向いていますか)」という質問が寄せられることがあります。もちろん、まずは「興味をもつこと」だと思います…

医薬翻訳者必携!2019年版の「ライフサイエンス辞書」が発売になりました

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 ライフサイエンス辞書の最新版(2019年版)が発売になりました。 stepone.stores.jp 翻訳者には嬉しい、貴重な貴重なEPWING版です! ※EPWING版とは、辞書検索ツール(Logophile、DDwin、P…

先を歩く人がいることの、ありがたさ

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 巷では独立起業して10年後に残っている確率は6%くらいと言われています。60%ほどが1年以内に廃業し、5年間生き残るのは全体の約15%なのだそうです。 翻訳の世界をみても確かに動きが激…

見える景色を変えるには

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 アルファ碁が登場してトッププロ棋士に勝ったというニュースが届いた時に「ぼんやりしてたら翻訳者も危ないよ」と警告していた方がおられました。もう三年も前の出来事です。 「三日、三…

諸刃の剣

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 翻訳の世界では初心者よりも経験者が歓迎されますが、教育の手間がかからずに済むから、というのが大きいでしょう。 では、新人さんにはチャンスがないのかというと、決してそんなことは…

折り返し地点です

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 春から開講している翻訳ゼミも5回目を終え、折り返し地点を過ぎました。 「もう半分かと思うと寂しい」と言っていただけ嬉しい反面、本ゼミの目的は「勉強になった」だけで終わらず「仕事…

集団からひとつ抜けて波に乗るには

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 集団からひとつ抜けて波に乗るには、何が必要でしょうか。 昔の私なら「スキル」あるいは「実力」と答えていたと思います。もちろん実力も大事です。大事には違いないのですが、最近はす…

春学期ゼミ、開講しました!

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 2019年春学期ゼミ、開講いたしました。 メディカル翻訳の市場は大きく「治験・薬事」「論文・学会」「その他の医療情報」の3つに分かれますが、なかでも需要・規模ともに最大とされるのが「…

【メディカル翻訳ゼミ】準備講座を開催いたしました

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 2019年春学期、翻訳ゼミの準備講座を開催いたしました。PC持ち込みで、実作業や実演を交えながらの約2時間。在宅翻訳者になるにあたって必要と思われる情報を中心に、できるだけ医薬特有…

会社勤めを続けるべきか、フリーランスになるべきか、迷ったときの目安は

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 これからフリーランスを目指す方に読んでいただきたいnoteです。 note.mu この中で「わかりやすい1つの基準が月商50~60万円」と紹介されています。「ランニングコストを回しつつ、…

【メディカル翻訳ゼミ】春学期、準備講座の準備

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 来月に開講する通学クラスの、準備講座の準備をすすめています。 内容は、 辞書環境の整備:デスクトップとiPad、それぞれ串刺し検索環境の作り方や、医薬分野特有のお話 マイ辞書:オリ…

私が医薬専門の在宅翻訳者になるまで

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 今回は、私が医薬専門のフリーランス翻訳者になるまでの経緯を話したいと思います。少し長いのですが、興味のある方はよかったらご覧ください。 それではどうぞ。

日本人でも英訳者になれますか

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 英語ネイティブではない日本人が、日本語から英語への翻訳(日英翻訳、英訳)を仕事にすることはできるのでしょうか。 もちろん、できます。 きちんと積み上げていけば日本人であっても英…

後半戦

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 講師を担当している翻訳講座もいよいよコース終盤です。 この時期になると毎学期のように見られる現象があります。後半にきてぐぐっと腕を上げてくる方、いわゆる「化ける」人が出現する…

文系でもメディカル翻訳者になれますか

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 体験授業などで必ずと言っていいほど聞かれる質問です。 「文系でバックグラウンドがなくてもメディカル分野の翻訳者になれますか?」 私はこのようにお答えしています。 可能性はありま…

これまでとこれからと

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 このブログは検索流入が多く、7~8割が新規の方です。それほどまでに新たに医薬翻訳やメディカルライティングに関心を寄せる方が多いのかと驚いています。 とくに年始は何か新しいこと…

2019年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。 メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 昨年は、まぁいろいろありましたが、全体としてはご縁に感謝の一年でした。仕事のステージはすこし上がったと思います。やりがいのある長期大型案件にも恵まれ…

選ぶのは自分

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 「人 or AI」ではなく「人 × AI」 昨日参加したセミナーのテーマでした。 私自身はツール類やMT/NMTの影響を受けない所にキャリアを積み上げていきたいと考えていたので、数年前から準備…

膳處漢ぽっちり

膳處漢ぽっちりで膳處漢膳というランチをいただきました。 【拼盤】前菜盛り合わせ 【湯】聖護院大根すり流し 【点心】にらまんじゅう 【肉】中国東北人のゆず醤油酢豚 【海鮮】鱈の葱生姜蒸し 【魚翅】ふかひれあんかけ土鍋ご飯 【甜品】デザート 表玄関。…

フリーランスで仕事量を安定させるには

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 フリーランスと安定。まるで対極であるのに、多くの方が心のどこかで望んでしまうのが「受注量を安定させたい」という矛盾。 安定を望むのならば単純に、大型案件を引き受けるか定期案件…

【メディカル翻訳ゼミ】講義でご紹介した自習用教材です

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 ゼミクラス受講生さんに紹介した自主学習用の資料ですが、他の方にも参考になると思うので、ブログにも書いておきます。 いずれも無料ですので、ぜひ有効活用していただきたいです。

バイリンガルから翻訳者になるには

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 珍しい質問をいただきました。 質問 日本生まれですが大半をアメリカで過ごしてきました。今はアメリカで看護師資格を取るために大学院に通っています。日本語はたどたどしく不安がありま…

『メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブック』に寄稿しました

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 9月29日にイカロス出版から『メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブック』が発売されました。私も72~75ページに「バイオの基礎知識&学習方法」というタイトルで寄稿しています。編集部の方…

調べものには足もつかう

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 仕掛かり中の仕事でどうしても参照しなくてはならない文献があり(今回のケースでは)一番早い手段だということで、急ぎ国立国会図書館に行ってまいりました。 複写申込をしてから仕上がる…

辞めてもいいし、辞めなくてもいい。

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。 とある業界誌の「会社を辞めて~」というキャッチフレーズが物議を醸していると聞き及びました。世の中そんなに甘くないという意見が大半です。たしかに、現実的な警鐘を鳴らす人も必要な…

はじめの一歩は、きっと誰でも怖い

「はじめの一歩を踏み出すのは、やっぱり怖いと思います。でも、いざ踏み出してみると、その怖さを打ち砕く”喜び”があると思うんですよね。」 「その結果が、大成功でも、たとえ大失敗でも、やってみたことで得られる充実感によって、最初に思っていた怖さっ…