10月期の募集が始まっています

https://www.instagram.com/p/Bkw5MyCl9g1/

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

平成最後の夏、いかがお過ごしでしょうか。

 

(やや使い古された感もありますが...)

 

こちらでの告知がすっかり遅くなりました。

 

はやくも10月期の募集が始まっています。

 

通学講座 実務翻訳コース [上級]メディカルゼミ

受講期間:2018年10月10日~2019年2月27日(水曜・隔週×10回)

時間:19:00~21:00(120分)

受講料:91,000円(税込 98,280円)

申込締切:9月21日(金曜)

 

前回4月期からすこし変更があります。

 

まず、曜日が水曜日に移りました。

 

内容も、ある程度、治験の基礎知識がある方を対象にしています。

 

詳細はこちらをご覧ください。

www.fellow-academy.com

語学だけでなく医学・薬学の背景機序にも興味を持って熱心に勉強してくださる方や、授業中も積極的に発言してくださる方に来ていただけると嬉しいです。

 

ご参加、お待ちしています。

冠詞のヒント

https://www.instagram.com/p/Bl0Grcil4WY/

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

英訳者を志す人にとって鬼門のひとつ、冠詞。

 

日本人の三大苦手は、冠詞、前置詞、時制とも言われますが、単数複数、構文、自動詞他動詞なども初心者によく見られる間違いです。

  

私自身も冠詞の勉強にはかなりの時間を割いてきました。冠詞のセミナーがあると聞けば分野を問わず申し込み、書籍も沢山読みましたし、実務でも極力ネイティブチェックをお願いして勉強を続けています。最初の1~2年は直されてばかりでしたが、あるとき「後方照応」を自分なりにでも理解できてからは、随分と楽になり、いまでは殆ど修正が入らなくなりました。

 

冠詞を攻略するには、経験上ですが、まず先にどういう場合に無冠詞になるのかを理解してから、a/anとtheの使い分けを意識する、という順番で学習を進めると、混乱が少ないと思います。自分なりに法則をつかんだら、あとは、たくさん書いて、たくさん直してもらうと良いでしょう。


聞くと、ネイティブの英訳者の皆さんも毎年のように遠方の講座に出かけたり多くの文法書を読破したりして、母語である英語の知識強化に余念がないのだそうです。であれば、英語ネイティブでない日本人英訳者は何をすべきか、おのずと見えてきます。

 

冠詞に限った話ではなく、語学の学習にも翻訳の学習にも終わりはありません。まだまだ学ぶことがあると思えるのは、とても幸せなことです。

 

それではまた。

 

※初回掲載:2017年1月13日、加筆再掲:2018年7月29日