だからこそ

f:id:mw-yamana:20170808113057j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

前回の告知記事「新たに医薬翻訳の講座を担当いたします」は思いがけず多くの方が読んでくださり、ありがとうございました。ここ最近では一番PVが伸びています。感謝です!

 

さて、フリーランス志望者のなかには「人と関わるのが嫌だから」という理由で目指す方もいます。

 

でも、人付き合いに苦手意識がある方は、手堅くお勤めを続けたほうが無難です。

 

フリーランスだからこそ、刺激を受け、成長のきっかけを掴んだりわが身を振り返ったりする時間はとても大切です。

 

そうしないと全てに於いて先細りになってしまうのですよね。

 

ときには覚悟をもって時間を「作る」ことも必要です。

 

そして少なくとも一定割合は、ふだんは馴染みのないような、すこし背伸びが必要な場に足を運んでみると良いでしょう。

 

人は良くも悪しくも場に染まります。

 

背伸びが必要な場に行くのは、最初は気後れするでしょうが、そのぶん得るものも多くあります。だから気が引けるときこそチャンスかも知れません。

 

とはいえ、現代人は忙しく、限られた時間のなかで何をすれば効率よく成果があがるのかと悩む方も多いと思います。

 

私は、単純にそのときの興味関心で決めています。要するに「ピンときたかどうか」です。決断までには時間をかけず、できるだけ即決するよう心がけています。そのほうが結果的には最良の判断になるからです。

 

たまに「貴重な時間を無駄なことに使いたくない」という方がおられます。「興味本意でキャリアの足しにならない場所に行くな」と説いている方もいらっしゃいます。

 

でも私は「無駄」とか「間違い」とか「失敗」は全く気にしなくてよいと思います。

 

成功の裏には空振りがつきものです。たくさん失敗をしていないと何だって上手くいきません。80〜90%失敗してやっと10〜20%成功するとも言われています。ですから何をどう選んだところで、長い目でみたらすべてが糧になり、自分にとって欠くべからざる宝になります。

 

無駄を惜しむ暇があったら行動しないことを惜しんだほうがずっと良いでしょう。

 

それではまた。