新たに医薬翻訳の講座を担当いたします

f:id:mw-yamana:20170804003444j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

募集ページの準備が整いましたので告知させてください。

 

このたび新たに、翻訳の専門校フェロー・アカデミーで「メディカルゼミ」を担当いたします。

www.fellow-academy.com

初回10月3日(火)から隔週で全10回の通学講座です。

 

申込みは8月9日(水)から始まっています。

 

医薬翻訳を勉強している方や駆け出しの方からはよく「(バックグラウンドがなく不安なので)もっと勉強したい気持ちはあるけど、何をどこまでやればいいのか...」というお悩みを聞きます。

 

たしかに医療・医薬・治験分野は範囲が膨大かつ深いので、すべてを完璧に理解するのはとても大変です。

 

でも、大変だとしてもやはり、解っていないものは訳せないのが翻訳です。

 

訳者が原文の内容を理解しているか否かは見る人が見れば分かります。理解不十分で訳された文章は読み手に「この翻訳、ほんとうに大丈夫かな?」と不安を抱かせます。しっかり理解した上で訳された文章であれば、読み手は安心して読み進めることができます。

 

医療・医薬分野のクライアントさんは高度な知識をもつ専門家ばかりです。専門家が安心して読める訳文に仕上げるために、私たち翻訳者は何をどうすればよいのでしょうか。メディカル分野ならではの勘所の押さえ方や磨き方のコツを、一緒に掘り下げてみませんか。

 

興味と熱意がある方のご参加をお待ちしています。