改めて言うまでもなく、SNSは好きなことを発信する場です

f:id:mw-yamana:20170711234619j:plain

以前に別の仕事をしている方に話を伺ったときのこと。

 

自分のいる業界は開放的か?閉鎖的か?

 

新人が参入しやすい環境か?ベテランに有利か?

 

といった話題になりました。

 

私は、その方のいる業界のほうが自由なイメージがあったのですが、隣の芝生が青く見えていただけだと分かりました。

 

どっちが良い悪いという話ではなくて、どこに行っても人間は同じだということです。

 

SNSで発信を続けていると、ひょっとしたら、いろいろなことを言う人が出てくるかもしれません。

 

(幸い私のブログはそういう目にはあっていませんが)

 

でももし、そんなことで人の目を気にして発信を止めてしまう方がいるとしたら、とても残念です。

 

最近すごく共感したのが「SNSは自分の好きなことを好きなように発信する場」という意見でした。

 

そうなんですよね。

 

いろんな人がいて構わないのです。

 

むしろ多様性があったほうが面白いのです。

 

ところが、どうしても一様性を好む人もいます。

 

 「それは違う」「こうあるべき」「そんなことはすべきではない」

 

何かにつけ物申す人はどこにでも一定の割合で存在します。

 

でも、それはそれ。人は人。自分は自分。

 

違いを受け入れるって大事です。

 

絶対的な正解なんてないのですから。

 

そうじゃないと、怖いですよね。

 

皆が皆、同じ方向を向いて、同じ思想で固まっているなんて。

 

生物学的にも、多様性とバランスを失った世界は衰退と破滅に向かうだけです。

 

だから、その業界や組織を良くしていきたかったら、いろんな人がいて、違う考え方もあって、違っていたとしてもそれぞれにとって住みやすい世界であることが必要です。

 

多様性は大事です。

 

あまりに常識外れは困りますけど。

 

ちなみに、私はなぜブログを続けているのか?というと、

 

集客のためでもなく、

 

ブランディングのためでもなく、

 

事業で成功している方から「続けるといいよ」とアドバイスいただいたからです。単純な理由です。

 

たぶん、続けた先に何があるのか、そこに立ってその景色を見てみたいだけなのだと思います。

 

ただの好奇心ですね。

 

何も変わらないかもしれないけど、それはそれで一つの発見です。

 

でも、半年を超えたあたりから、何かが変わりつつあるような気配がしています。

 

そんなわけで、いまは毎日更新できずに2日に1回程度ですが、それでもゆるく続けています。

 

PVの割にAdSenseが順調なのもありがたいです。

 

ではまた。