単価を上げても仕事が増える理由

f:id:mw-yamana:20170603232329j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

中堅くらいのフリーランスの方からよく聞くのが「そろそろ単価を上げたいのだけれど、上げると仕事が減るから、それはそれで困る」というお悩みです。

 

一見、尤もらしく聞こえますし、私も以前は「先輩が皆そういうのだから、そうなのだろう」と思ってました。

 

ところが実際には違いました。

 

単価を上げても仕事は減りません。

 

理由はとても簡単で、需要と供給のバランスでした。

 

高単価というのは、そもそも、それに見合う成果物を出せる人が少ないからです。希少性が高いからこその価格という側面があります。

 

そして、正当な価格を払ってきちんとした成果物が得たいというニーズは常にあります。安く適当な翻訳を頼んで懲りたという方も沢山いらっしゃいます。

 

この高価格ゾーンのニーズ(需要)とカバーできる人(供給)のバランスを見ると、圧倒的に供給量が足りていません。

 

翻訳者の数自体は増えているのに、いつまでたっても「翻訳者が足りない」と言われる所以は、ここにあります。

 

ですから、クライアントが求めるレベルの成果物を提供できるのであれば、単価を上げても仕事は減りません。むしろ増えます。

 

ただし注意したいのは、翻訳会社が担保している筈の「品質」とお客様が求めるものは必ずしも一致しない、ということです。

 

まずは、お客様が求めるラインをクリアする。

 

ここを履き違えて努力の方向性を誤ってしまうと、とても勿体ないと思います。

 

あくまで個人の見解です。

 

それではまた。