エゴを殺して制約の中で

f:id:mw-yamana:20170507145706j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

私は2つの肩書を名乗っていますが、主たる業務は翻訳です。

 

もともと翻訳者としてスタートし、だんだんとメディカルライターの仕事もするようになりました。

 

そして、翻訳だけをやっていた頃よりも、メディカルライターを兼任するようになってからのほうが一層「翻訳とは何か」を突き詰めて考えるようになったように思います。

 

ddnavi.com

比べるのも大変おこがましいのですが、村上春樹さんも「小説モード」と「翻訳モード」があり、翻訳の作業が小説にも良い影響を与えているのだそうです。

 

記事のなかで「これぞまさに」と思った言葉がこちら。

翻訳のときは自分のエゴをできるだけ殺して与えられた制約の中で自分を謙虚にコンパクトに動かしていきたい

 

たまに主張の強い訳文を見かけることがあります。

 

知識があるが故の落とし穴もあります。

 

翻訳は原文ありき。決められた道幅から外れてはいけない。制約がある中で整えるからこそ美しい文章になるのです。

 

講師をしていると、課題の準備や添削に時間を割かれて大変なことも多いのですが、同時に教わること、気付かされることも沢山あります。とてもありがたい機会をいただいていると思います。

 

ちなみに「プロとアマの境目は?」なんてこともよく考えています。

 

このテーマでもそのうち記事を書けると良いのですが。

 

それではまた。