読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログあるある

f:id:mw-yamana:20170203135100j:plain

ブログあるある

・「これはすごい役に立つ!」と気合いを入れて書いた記事に限ってアクセスが少ない

・思いつきで適当に書いた記事に限ってアクセスが多い

・頑張って毎日更新するよりも、間を空けて休み休み更新したほうがアクセスが多い

・アクセス数だけでなく滞在時間も気にすべきなのか?

・いろいろ気にしながら書くより、いっそ何も気にしないほうが良かったりする

 短時間でささっと書いたのに、相変わらず人気でPVを集めている記事はこちら。

www.mw-yamana.com

滞在時間について

一般に、サイトの滞在時間が長いほうがGoogleの評価が上がるためSEO対策に有効であると言われています。そのためGoogleアナリティクスの「平均ページ滞在時間」を気にされる方が多いようです。滞在時間を長くするためにも、ある程度の長さ(1000文字以上とか1500文字以上とか)が必要とされています。

この滞在時間、私はあまり意識していなかったのですが、見ると1分くらいから、長い時で6分くらいなので、まぁ問題ないのかなといった感じです。

SEO的には長い記事を書いたほうが良いのでしょうし、滞在時間を延ばす工夫もしたほうが良いのでしょうけど、滞在時間が長かろうが短かろうが、ありがたい読者さんに変わりはないわけで。しっかり読んでくださる方はもちろんのこと、あいさつ代わりに来てくださる方も同じくらいありがたい。そんな風に思っております。

ブログはブランディングになるのか?

勘違いをしている方が多いようですが、なりません!!!

他業種は知りませんが、少なくとも翻訳者の場合は、なりません。仕事を得る目的で...などと誤った方向に期待をしているとしたら、もっと着実な方法をおすすめします。既にそれなりの地位を築いた有名な方がブログ運営をするのであれば相乗効果も見込めるでしょうが、そうでない人は、まずは他の場で名をあげたほうが早く確実に望みを達成できます。翻訳の世界では訳書や著書が1冊あるだけでも周りの見る目が違ってきます。貴重な時間は有効に使ってくださいね。

こちら、まだお席があるようです。

www.mw-yamana.com