取材記事「岡山大学病院 クリニカルシーケンスの臨床活用例(前編)」

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

インタビュー取材と執筆を担当した記事が医療従事者専門サイト m3.com に掲載されました。

 

岡山大学病院 クリニカルシーケンスの臨床活用例(前編)

 

クリニカルシーケンスとは、がんに関係する遺伝子を網羅的に調べることができる検査です。とくに「ドライバー遺伝子」と呼ばれる、がんの原因そのものとなる遺伝子を発見することができれば、その患者さん自身に本当に適した治療薬を見つけやすくなります。

 

こうした検査ができるようになった背景には、次世代シーケンサー(next-generation sequencing:NGS)の存在が大きく関わっています。NGSのおかげで従来のDNAシーケンサーよりも遥かに大量のDNA断片を超高速で解読できるようになりました。とくにがんの診断や治療への活用が期待されている注目の検査方法です。

 

実用例としては京都大学のOncoPrime(オンコプライム)や北海道大学のクラーク検査など複数ありますが、岡山大学病院も早期から積極的に導入・活用に取り組んできた拠点病院の1つです。今回は同大学病院腫瘍センターの久保寿夫先生に実際の臨床現場での活用事例を詳しく伺うことができました。

 

エムスリーのアカウントをお持ちの方や臨床研究に携わっている方はぜひ、ご覧いただけると嬉しいです。
 

岡山大学病院 クリニカルシーケンスの臨床活用例(前編)

genome.m3.com