個別化で学習効果を高める

f:id:mw-yamana:20170330013252j:plain

以前にご紹介した英語学習を成功に導く3つのポイント(英語学習成功の秘訣とは - バイオ・ライフサイエンスに強い メディカル翻訳者&メディカルライター 山名文乃のブログ)のうち最も難しいのは自分にあった方法を見つけることです。

 

英語は「学びたい」というニーズも多い反面、商材や情報もありすぎるくらい豊富にあります。

 

その中から自分に必要なものは何か、選ぶだけでも大変です。

 

情報力・自己分析能力...言葉にすると簡単でも、まず膨大な情報をインプットした上で、十分に吟味しなくてはなりません。

 

教材やスクールでは成功率の高い「王道」を紹介してくれます。

 

でも、1人ひとりの得意・不得意や傾向に合わせたキメ細かな指導までは難しい。そこは個人でカバーしなくてはなりません。

 

ではどうすれば一般論から個別化(カスタムメイド)に落とし込めるか?

 

できるだけ手間もかけたくありませんよね。

 

ちょうど良いヒントになる記事がありましたのでご紹介します。

 

1ページ目中ほどにある「TOEICで800点を取る」ためのマンダラートです。

studyhacker.net

 目標が「TOEIC800点」に設定されていますが、英語学習全般にも十分に対応できます。

 

おすすめの方法としては、

1)この中から出来ること・出来ないこと、得意・不得意を分けます。あまり悩まず、ささっと分けてください。

2)つぎに「不得意」を平均レベルを少し超えるくらいまで上げることを目指します。

3)同時に「得意」の中からどれか面白そうなものを「誰よりも得意」といえるくらいまでピカピカに磨き上げます。

 

英語を学ぶ動機や目的は1人ひとり違います。でも語学は目的ではなく手段です。ある程度身についてくると、とても使い勝手がよく頼れるツールであることに気づく筈です。ぜひ活用して、世界やチャンスを広げてほしいと思います。