先を歩く人がいることの、ありがたさ

f:id:mw-yamana:20170321020425j:plain

巷では独立起業して10年後に残っている確率は6%だとか言われています。60%が1年以内に廃業してしまい、5年間生き残るのは全体の15%なのだそうです。

 

翻訳の世界をみても確かに動きが激しいなという印象です。長く活躍している方たちの顔ぶれがガラッと変化することはなくても、年次が浅い方はそれなりに入れ替わっており、転身される方も少なからずといった具合です。

 

そんな中でありがたいのは人との繋がりです。刺激を受け切磋琢磨できる仲間や、遥か先をいく先輩のみなさまは、とても大切で大きな存在です。

 

迷ったとき、壁にぶつかりそうになったとき、あるいは足をすくわれそうになったとき、個人の知恵だけではどうにもならないこともあります。「人脈」という言葉は好きではありませんが、これまでの繋がりに助けられたことは何度もあります。

 

できれば同じ職業の人同士で固まるのではなく、別の仕事をしている人とも交流を持つとよいと思います。成功者のマインドや動き方には業種を問わず共通点が沢山あります。他業種のほうがヒントを得やすい場合もあります。

 

なかでも、仕事を軌道に乗せるまでの動き方は、おどろくほど共通しています。

 

みなさんおっしゃいますが、最初はとにかく量です。正しいとか間違ってるとか一切気にせずに、まずは量を追ってみる。そうやって限界と可能性をちょっとずつ広げていく。量をこなした上で成果が得られれば、自信にもつながります。動いているうちに適性も可能性も見えてきます。数値目標があったほうが動きやすいと思うので、いつまでに何をどうするか、具体的に落とし込んでおくと良いでしょう。成功の法則として有名な1万時間理論なども1つの目安になります。

 

ここを乗り越えると今度は、同じ成果を、いままでよりも少ない労力と時間で出せるよう工夫をする段階です。さぼる、という意味ではありませんよ。ちょっとやそっとでは崩れない地力を育てていく時期です。

 

いままでよりも少ない労力でいままでと同じ成果を上げようとすると、不思議なことに、もっと大きな結果になって返ってきます。余った時間を自己投資に充てれば更に到達点を高めることができます。

 

何かを学び力を伸ばすには2つの方法があります。

 

1つは、学校であったり会社であったり、団体や組織に属して、その中で体系的に学ばせてもらう方法です。組織の強みは大きな失敗をしなくてすむこと。正しい方法を習って、じっくり着実に身につけることができます。

 

もう1つは、実際の市場に体当たりして、トライアンドエラーを繰り返しながら力をつけていく方法です。実践的で現実的な学びです。

 

後者だけでよいのではないか?と思う方もいるかも知れません。わざわざ組織に属さなくても自分に向いているやり方が分かる人にとっては、後者だけでも十分だと思います。ただ、2つのプロセスを経たほうが、成功率は高まります。「学ぶは真似ぶ」ともいいます。成功している先人から学ぶこと、何はともあれ真似をしてみることが一番の早道です。