読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使える英語を身につけるには→「すごい進学率を支える英語の秘密」

f:id:mw-yamana:20170305014529j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

toyokeizai.net

こちらの記事で紹介されている英語の勉強法、私が通っていた英語スクールの教授方法と、とても良く似ています。

そのスクールでも、授業中は教師も生徒も英語だけを使うのが鉄則でした。まず基礎となる文法の説明を英語で聞きます。生徒から質問があれば、もちろん英語で質問します。次に、その週に習った文法事項や単語が織り交ぜられた課題を使って、簡単なスピーチやロールプレイングをするなど、アウトプットの時間も十分に確保されていました。毎週、宿題でテーマに沿ったライティングも課されていました。いま思い返しても、とても工夫されたカリキュラムだったと思います。

とくに「必要なこと・好きなこと」を軸に英語を学ぶのが大切ですね。いくら型を覚えても、自分の中に母語での引き出しがなければ、本当の意味で生かされません。

学生のうちは趣味から拡げていくのが良いと思いますが、社会人になってからは、大半の時間を過ごす職場で英語を使う「必要性」があるのが理想的です。実際に当時のクラスメートには英語力を上げるために転職した方もいました。加えて、仕事内容への興味・関心が高ければ、より効果的です。

もちろん、実際に転職となると大変ですから、インプットに比してアウトプットの時間が足りない方は、シャドーウィングや瞬間英作文などを活用して補うと良いと思います。