読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくある質問② - 文系でもメディカル翻訳者になれますか?

f:id:mw-yamana:20170310173030j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

体験授業などで必ずと言っていいほど聞かれる質問です。

 

文系でバックグラウンドがなくてもメディカル分野の翻訳者になれますか?

 

私はこのようにお答えしています。

なれるか、なれないかだけを言えば、なれます

ですが、英語力が同じであれば文系より理系が優先される世界です。文系の人は基礎力を補うと同時に、理系のライバルに負けない自分の強みは何かを考え、確立するとよいと思います。

反対に理系であるだけで英語力が弱いままの人は、優秀な文系にどんどん追い抜かされていきます。

実際に文系出身で活躍しているメディカル翻訳者は沢山います。
結局は本人の意欲とやり方次第です。

 

どんな道であれ可能性は誰にでもあります。これは絶対。

 

なれるか・なれないかだけを答えるならば、なれる。

 

だから、もしも少しでも興味があるのなら、最初から決めつけたり諦めたりしないで欲しいです。

 

もちろん、「ただし...」という部分にも目をそらさず向き合って、コツコツと取り組める人ならば、という条件がつきます。

 

可能性を花開かせるか、可能性のまま眠らせるかは、その方人自身の行動が選んだ結果なんですよね。

 

思い描くだけなら誰でもできるので。

 

ぜひ行動してください。

 

お客様はどういう翻訳者に仕事を頼みたいと思っているのか。

 

その基準をクリアできるかどうかです。

 

正しい情報を得て正しい方向に努力して欲しいです。

 

キャリアを加速させたい人、収入を上げたい人も同様です。

 

どうしてよいか分からない方、上手くいかず悩んでいる方には「バイオ医薬翻訳講座」を開講しています。翻訳を仕事にしたい方、需要の多いジャンルに挑戦したい方、現役プロ翻訳者の直接指導を受けてみたい方は、お問い合わせください。