がん研が取り組む、AIを活用した「がんプレシジョン医療」

がん研究会が取り組む、AIを活用した「がんプレシジョン医療」の提携先が決まったようです。

techon.nikkeibp.co.jp

がん研究会では、ゲノム医療とリキッドバイオプシーを2本の柱に、がんの早期発見や、既存薬では対応しきれないがん患者さんに新しい治療を提供していくことを目指しています。

 

昨年末の取材時にも、2つの異なるAI活用を考えていると構想を語ってくださいましたが、今回の提携で具現化に大きく一歩近づいたのではないでしょうか。

 

今後が楽しみですね!

 

私が担当したインタビュー取材記事は、医療専門サイト m3.com に掲載されています(前編後編)。公益財団法人がん研究会 代表理事・がん研究所 所長である野田哲生先生にお話を伺っています。ご興味のある方はぜひ、併せてご覧いただけると嬉しいです!