読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵巣がん以外では初めてPARP阻害剤の効果が証明されました(OLYMPIAD試験より)

f:id:mw-yamana:20170221181848j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

関係者には注目度大のニュースではないでしょうか。

 

プレスリリース原文

Lynparza meets primary endpoint in Phase III trial in BRCA-mutated metastatic breast cancer

プレスリリース翻訳文

アストラゼネカのolaparib、BRCA遺伝子変異陽性転移性乳がんの第III相試験で主要評価項目を達成

※私の翻訳ではありません。

 

概要

転移性乳がんの患者さんのうち、BRCA遺伝子変異陽性かつHER2遺伝子変異陰性である方を対象に第III相試験と呼ばれる大規模な治験が行われました。主要評価項目は無増悪生存期間(PFS)です。標準的な化学療法と比較して、オラパリブの投与をうけた患者さんのPFSは統計学的に有意に延長されました。今回、卵巣がん以外では初めて第III相試験でPARP阻害剤の薬効が示されたことに意義があります。

 

※BRCA遺伝子変異陽性=検査キットでBRCA遺伝子の異常が検出された。

※主要評価項目=治療効果を示す指標の1つ。あらかじめ設定した指標のうち一番に立証したい項目をいう。

※PFS=治療中または治療後にがんが進行せず安定した状態である期間。