「人間の限界は脳が決めている」

f:id:mw-yamana:20170203215658j:plain

メンタリストDaiGoさんの新刊『ポジティブ・ワード』を読了しました。

いままで漠然と「こうした方がいいんだろうな」と思っていた方向性を再確認でき、何より心理学的な落としどころができるので、すっきり腑に落ちて良かったと思います。

気になったフレーズを5つだけ書いておきますので、よかったらご覧ください。順不同はご容赦ください。

「人間の限界は脳が決めている」

“体が限界を迎えるかなり手前で、脳が「もう限界だ」と判断している”ことがスポーツ選手で実験をして分かったそうです。トレーニングは脳をだますために行うのだとか。スポーツに限らず当てはまりますね。どんなに無理そうに思える難しい仕事でも「できる、絶対にできる」と言い聞かせて取り組むと、いつの間にか上手に乗り越えられます。何をするにも、まずは自分を信じること、絶対にできると全幅の信頼を置くことが大事なのでしょう。

「仕事を後回しにすると脳の疲れが増幅する」

やり残した仕事は“ずっと意識し続けなければならないために、意志力を浪費し続け、脳の疲れのもとになる”のだそう。だから、気が進まない仕事ほど先に片づけたほうが、効率的にも精神衛生上も良いわけですね。実際、有能な人ほど何でもレスポンスが早いですね。反対に、返事も決断も遅い人は...やっぱりなぁと思い当たります。

翻訳学校の生徒さんでも、すぐに反応する人とそうでない人は歴然と差が開いています。たまに後からワンテンポ遅れて動く人もいますが、たいていはチャンスの神様が去った後。本当にもったいない。則行動して得することはあっても、損することは絶対にないので、注意したいです。

 「自分を変えたいなら、振り返らずに行動し続けることだ」

いままでの状態からひとつ脱皮したいと思ったら、服装や振る舞いなど外側から変えるのが、一番手っ取り早い方法です。そして、とにかく続けること。歩みが止まっていると感じたら思い出したい言葉です。

 「常識はおかしな人たちが作ったものだ」

  そう!人と違うことを恐れてはいけません!!むしろ勲章です(笑)。

「うぬぼれているほうが行動しないよりましだ」

謙虚は美徳のように思われがちですが、名実ともに評価を得てからでも十分です。本書にも“謙虚になるのは成功してからでも遅くはありません”とあります。周りをみても、短期間で軌道に乗れる人は、最初は鼻っ柱が強いくらいで後々ちょうど良くなるようです。素直さは必須だとしても、過度に謙虚である必要はない。もちろん、なかには新人は謙虚であるべしという考えの人もいます。閉鎖的だなとは思いますが、いろいろな人がいるので仕方ありません。私自身はすくなくとも、前向きに自信を持って頑張っている人をみるのは好きです。応援したくなります。

f:id:mw-yamana:20170105235116j:plain

続きは本書もご覧くださいね。