やりたいことが分からないとき、分野を絞れないとき

f:id:mw-yamana:20170921210256j:plain

こんにちは。メディカル翻訳者&メディカルライターの山名文乃です。

 

「好きなことを仕事にしましょう」と言われて、すぐに見つかる人は、かなり幸運な人ではないでしょうか。

 

私自身はずいぶんと迷走したほうでした。見かけによらず好奇心旺盛で興味をもつ対象が多かっただけに絞るのも大変でした。

 

「なにが自分に向いているか?」と自問自答して最初から的確な答えを出せる人は少ないと思います。

 

そんなとき、自身の経験からひとつ言えるのは「進むべき道であれば何故かうまくいく」ということです。そこで必死になって頑張っていると、どういうわけか何かが、あるいは誰かが後押ししてくれるのです。ほんとうに感謝しかありません。

 

もちろん何もせずに「うまくいく」ことはありません。

 

少しの努力で効率よく「うまくいく」こともないでしょう。

 

そこに至るまでには散々無駄なこともしますし何度も壁にぶつかります。

 

でも「ここだ!」という場に行き当たれば、もちろん自分でもジタバタと動いているのですが、なぜかふっとうまくいく。それこそが自分のフィールドなのです。

 

行動の量が大事だとよく聞きます。でも私は無駄も含めて量だと思っています。

 

そして無駄は決して無駄にはなりません。

 

もうひとつ、量に加えて欠かせないのが熱です。

 

熱意を伴った量、言うなれば「熱量」があってはじめて壁を越えられる、向き不向きもわかるのかなと、そんなふうに感じることがよくあります。

 

それではまた。